こんな症状があったら水虫かも?水虫の3つのタイプ

足や靴下を洗わずに長時間、同じ靴をはき続けてしまった…なんだか最近、足がかゆい…。
冬になるとかかとがガザガザでストッキングやタイツがはけないなど…。

 

以下の3つのうちのどれかにあてはまるなら水虫です。

 

足の指と指の間にできるタイプ

水虫の種類

足指の指と指のあいだが赤くなり白くふやけてジクジクしてきてかゆい水虫です。

 

水ぶくれタイプ

水虫の種類

足のうらに小さな水疱がたくさんできる水虫です。
土ふまずや足の指の付け根付近に春から夏にかけて多発します。
この水疱の中の液には白癬菌はいないので、さわってもうつる心配はないです。

 

角質がボロボロとはがれ落ちるタイプ

水虫の種類>

足裏全体、とくにかかとが厚く硬くなり、角質がボロボロとむけてアカギレのようにひび割れたりしり水虫です。
夏よりも乾燥する冬に症状が強くでます。
かゆくないので水虫と気づかず、保湿クリームでその場しのぎをしている人が多いです。

 

いかがででしたか?

 

自分が水虫かもしれないと思うと、ちょっと恥ずかしいですよね。

 

でも恥ずかしいからといって、放置していると慢性化して、ひどくなると菌が爪の中にまで侵入し爪水虫になることもあります。

 

そうなると、とてもやっかいで治りにくくなり完治までに何ヶ月も何年もかかるようになってしまいます。

 

とくに足裏全体やカカト角質がボロボロとはがれ落ちるタイプの方は、すでに水虫が慢性化して角質をすみかとして居座っている状況です。

 

爪水虫に移行する前に手を打っておきましょう。

 

最近は、とてもよい水虫のぬり薬が開発されていますので、以下にその一つをご紹介しますね。

 

クリアフットヴェールとは

 

クリアフットヴェール

 

クリアフットヴェールは、94%以上が効果を実感した水虫に悩む人むけの商品です。

 

また、クリアフットヴェールは東証一部上場企業の北の達人コーポレーションが開発・販売しています。

クリアフットヴェール

水虫はよくなったかと思うと、またくりかえしてしまいがちです。

 

それは水虫の原因の白癬菌はごく普通にどこにでもいる菌なので、完全に除菌するのは不可能、ですから、よくなってもすぐにまた感染して再発してしまうからです。

 

クリアフットヴェールは、どうしても再感染してしまう白癬菌からCPLという環状重合乳酸により肌を守る機能があり、繰り返す水虫にとても高い効果が期待できます。

 

白癬菌を殺菌しながら再感染も防止するため、治療と再発防止を同時に行うことができるということで今、注目の商品です。

 

寒くなって白癬菌のが弱まり治ったかのように見えても角質の中におとなしく生き続ける白癬菌。

 

少し、白癬菌がおとなしくなったところが水虫を直すには最適な時期です。

 

きれいな足

 

素足がキレイとほめられたいですね♪

 

 

 

クリアフットヴェール